『打てば響く』人づくりを目指して

紅富士太鼓の結成は平成9年(1997)1月。そのきっかけとなったのは母体である日本ステンレス工業(株)が行った阪神大震災のボランティア活動。共に参加した青年達の心の成長を目の当たりにし、感動したことでした。この経験を何らかの形として残していきたいと考え、それならば「打てば響く」様な人づくりをとの思いで紅富士太鼓を結成しました。
豊かな時代の傾向として、現在は何かに打ち込めるものが少なく、無感動の時代と言われております。特に地域社会の中で、心の交流を持てる場所がなくなっているのではないでしょうか。
紅富士太鼓は、太鼓や国際交流を通じ、そういった心の交流が出来る場所にしたいと思っています。

お知らせ

新年あけましておめでとうございます。

昨年中は紅富士太鼓にご理解、ご協力を頂き誠にありがとうございました。
ネパールとの文化交流も本年で14年目を迎えました。昨年は河口湖の素和美小学校の児童の皆さんが修学旅行先にネパールに行くなど、紅富士太鼓だけでなくネパールとの文化交流が他団体におよび、より活発化されてきた事は大変喜ばしい事だと思います。
本年もいろいろな活動が予定されておりますので、都度ご報告させていただきます。これからも紅富士太鼓の活動に是非ご注目ください!

公演スケジュール

2018年

日程 イベント名 会場 時間
4月12日(木) 全国法人会女性フォーラム 甲府市 17:00頃
7月21日(土) 日本ネパール友好協会式典 東京

シバラヤ・ベーシックスクール 電気・水道設備募金のお願い

ネパール連邦民主共和国に、10月26日~11月5日帰国まで9日間、河口湖町「素和美(すおみ)小学校6年生6名」が、全国初の修学旅行が行われました。
これは、素和美小学校からの要請により、15年間の実績交流がある「紅富士太鼓」が引率を務めさせて頂きました。

その際、ネパール第二の都市ポカラ市内から山道1時間の場所に位置する、「シバラヤ・ベーシックスクール」での交流を行ってきました。日本・ネパールの子供たちによる交流は、思った以上の成長に目を見張るものがありました。
ネパール政府の慢性的な資金不足から何十年も電気も無く、水道も引かれていませんでした。「雨水をためて節約しながらの授業を行っています」と、校長先生が話されていました。また、ピーク時には200名の生徒がいましたが、現在17名です。
薄暗い、雨漏りのする教室で授業を行っている姿に、恵まれている「日本の子供たち」が、募金活動へと動き出しました。 

つきましては、皆様へ「ネパールの小学校」への募金のご協力をお願い申し上げます。 詳細はこちら

子供支援対策協議会(仮)の設立と活動・ネパール訪問活動の意義

この20年の間、幼児・児童への虐待から始まり、不登校・引きこもりへの連鎖は著しいものがあります。
家庭環境は悪化の一途を走り、地域環境も「他人との関りを持ちたくない」と答えている人々は70%と言われてから十数年を経過しています。

加えて、親が子を殺め、子が親を殺めるなどの事件は日常茶飯事であり、引きこもり状態の若者の事件も後を絶たず、増加の一途です。
不登校生は20万人とも言われ、15歳以上34歳までのフリーターは180万人を超えた。引きこもりは30万人。予備軍は50万人とも。35歳以上の引きこもりは統計が無く不明です。
結果、「不登校 イコール 引きこもり」「フリーター イコール 引きこもり」のレッテルを張られるわけである。行政においては、引きこもり対策として、相談窓口、自立支援センター派遣事業などを設けてはいるが、現状は増加の一途を歩んでいます。

そこで甲府ユネスコ協会は、教員の経歴者や各団体との連携の経験をお持ちの方が多く在籍しています。
その経験を活かし、ここに「児童支援対策協議会」を設立し、ネパール連邦民主共和国と定期的に交流訪問することにより、児童育成の手助けを行うものとしました。 >>詳細はこちら

世界平和太鼓移転作業が完了しました。

世界一の大太鼓「世界平和太鼓」は、21世紀の幕開けとなった2001年1月1日0時00分から打ち鳴らされ、“NHKゆく年くる年”の除夜の鐘と共にスタートしました。

当時、紅富士太鼓と山梨県太鼓連盟の108人メンバーとの共演で、世界73ヵ国へ発信されました。
あれから17年。当初、大月市の「笹一酒造」に観光の目玉として展示してきました。
その間、天皇皇后両陛下来県での演奏、大月市かがり火祭り、富士急ハイランドでの世界一のジェットコースターとの共演などこなしてきたのです。

しかし12年の歳月で「心」「舞」両方の皮に亀裂が入り、やむなく太鼓道場に撤収されていました。
その後の4年間で保管場所の模索や、故天野宣先生のお力をお借りして1メートル近い亀裂の修復作業を行ったものの、打ち鳴らせるだけの強度が得られず、また、理想とする保管場所もなかなか見つかりませんでした。

そしてこの度『富士山の銘水株式会社 粟井社長』のご厚意で富士吉田にある粟井社長所有の庭園に移転いたしました。
これから皮の修復を行い、再び皆様にお披露目することができます。もうしばらくお待ちください。

活動報告

太鼓道場大掃除

12月22日は例年通り、紅富士太鼓道場の大掃除が行われました。
今年は、メンバーが少なく、時間内に終わるか心配でしたが、その分皆集中して頑張ってくれました!
メンバーの皆さん一年間お疲れ様でした!来年もイベント頑張りましょう!

葛葉の森学園で演奏しました。

12月2日は、毎年演奏をさせて頂いています七保町の葛葉の森学園にて。
今年もおいしいお餅とうどんをごちそうになりました!

東京上野でのパーティー会場にて演奏しました。

10月29日(日)に、東京上野にてインドのお正月『ディクリパーティー』にて演奏しました。

› 続きを読む

海外文化交流活動

2017年(平成29年)ネパール

ネパール訪問団